治療別メニュー

トップ > 治療別メニュー > レーザートーニング

レーザートーニング(メドライトC6)

このような方におススメ

肝斑(かんぱん) シミ くすみ 炎症後色素沈着 毛穴の開き

写真:メドライトC6

肝斑に画期的効果をもたらす新レーザー

レーザートーニングとは、メドライトC6(Qスイッチヤグレーザー)という機器を使用した新しい治療法です。今までのレーザーでは治療できなかった肝斑に効果を発揮する新しい治療法です。
非常に弱いパワーでレーザーをあてることにより、肌に余計な刺激を与えることなく、 蓄積したメラニンを少しずつ減らし肝斑を薄くしていきます。
また、レーザートーニングは肝斑だけではなく、シミ、くすみ、炎症後色素沈着などの色ムラ、毛穴の開大、お肌のハリなどにも効果があります。治療後はお肌がツルツルになるなど多くの方が実感されます。

レーザートーニングは回数を重ねていくことにより効果が実感されます。
通常、週1回・合計5回~10回程度の治療を行うケースが多いですが、回数、間隔等は症状に応じてご相談させて頂きます。

症例写真

  • 照射前

    症例写真:照射前

  • 照射後

    症例写真:照射後

施術について

写真:施術イメージ

洗顔、カウンセリングの後施術を致します。施術までの流れについてはこちらをご覧ください。
→診療までの流れ

  • 麻酔は必要としませんが、ゴムではじかれるような軽い痛みがあります。
  • 通常10分程度で終了します。
  • 治療後、日焼けの様なほてりと赤みが生じることがありますが、1日程度で軽快します。
  • 照射後は日焼け止めクリームをご使用ください。
注意事項
  • ピーリング、スクラブ、トレチノイン等角質除去作用のある化粧品や薬剤をご使用の場合、2ヶ月前から中止してください。
  • お顔に濃いうぶ毛がある方は、前日に顔そりをしてお越しください。
  • 妊娠中、光線過敏症、金製剤服用、治療部位に金の糸を入れている方は施術できません。

※レーザートーニングについてこちらのサイトで詳細をご覧いただけます。

レーザートーニング 日本公式サイト


PageTop