トピックス
土井原博義先生による乳腺・甲状腺外来のご案内
月2回、岡山大学病院 乳腺・内分泌外科 教授
土井原 博義先生による、乳腺・甲状腺外来を行っています。

平成29年9月の診療予定 2日(土)、9日(土)
※9月9日(土)は平先生の診察となります。

◇受診のご予約は当院外来受付でお申込みいただくか、お電話で承ります。
電話 086(272)4088
土井原 博義先生
土井原 博義先生
最新式のマンモグラフィーを導入しました 女性放射線技師が対応いたします。
当院では、患者様に乳がん検査を受けていただくために考えられた東芝社製マンモグラフィー装置(Pe・ru・ru)を導入いたしました。女性の意見や視点をもとに開発されたことが特徴です。 
乳房を圧迫する圧迫板も従来より柔らかく苦痛の少ない検査を行うことができます。
女性放射線技師が対応しますので安心して検査を受けていただけます。

最新の技術が搭載された
マンモグラフィー装置
東芝社製「Pe・ru・ru」


乳房への圧迫痛を軽減する「美圧」圧迫方式を採用しています
◇検査方法・手順
当院では女性放射線技師が撮影及び対応を行います。
  1. 検査着に着替えていただきます。
  2. 左右の乳房を片側ずつ別々に角度を変えて撮影します。
  3. 乳房検査は合計4枚(左右2枚ずつ)撮影し終了します。
    ※(1)〜(3)まで、10分程度で終了します。
  4. 土井原先生による診断、検査結果に関する説明が行われます。


◇検査の目的
  • 乳腺、乳房の評価
  • 乳腺や周辺部の石灰化の有無
  • 早期の小さな乳がんの発見
  • 触れることのできない、しこりのできない乳がんの発見
  • 腫瘤の質的判断


◇検査の申込み
  • 最初に外来受付またはお電話で土井原先生の診察をご予約ください。(土井原先生以外の岡山大学病院の内分泌外科の先生が診察される場合もあります)
  • 検査に関してご不明な点など遠慮なく外来受付までご相談ください。
    (予約電話番号)086-272-4088
ページ先頭へ