トピックス

 

鼠径ヘルニア(脱腸)の日帰り・短期滞在手術
担当医:江田泉
担当医:江田泉
鼠径ヘルニアメッシュ手術 山陽新聞より
山陽新聞「レディア」連載コラムはこちら
■主な履歴
昭和62年 3月  岡山大学医学部卒業
昭和62年 5月 岡山大学医学部第二外科入局
昭和62年 9月 水島中央病院外科勤務(医員)
平成元年 9月 KKR高松病院外科勤務(医員)
平成 4年 9月 岡山大学医学部第二外科勤務(医員)
平成 7年 7月 御津町立金川病院外科勤務(医員)
平成 8年 9月 公立雲南総合病院外科勤務(医員→部長)
平成17年 4月 JA府中総合病院外科勤務(部長)
平成19年 4月 医療法人社団操仁会岡山第一病院勤務
(部長)
  平成20年 4月 医療法人社団操仁会岡山第一病院院長
■資格等
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
麻酔科標榜医
マンモグラフィ読影認定医
中国四国ヘルニア手術研究会世話人
 

ヘルニアって何? 治療は?

ヘルニアって何?
イメージ

タイヤの弱くなった部分から、内部のチューブが突き出ているのに似ています。

「ソケイヘルニア」(脱腸)は、本来ならお腹の中にあるはずの小腸などの一部が、ももの付け根(ソケイ部といいます)の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。大人のソケイヘルニアの患者さんは若年者から高齢者まで幅広く分布しますが、特にももの付け根の筋膜が弱くなる40歳以上の男性に多く起こる傾向があります。

ヘルニアの症状は?
鼠径ヘルニア

立った時とかお腹に力を入れた時に、ももの付け根の皮膚の下に小腸などが出てきて軟らかいはれができます。普通は指で押さえると引っ込みますが、このはれが急に硬くなり、押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。これをヘルニアのカントンといい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。

治療方法は?
ダイレクトクーゲル法

ヘルニアは自然には治りません。薬や脱腸帯でも治りません。カントンを起こす前に手術すれば簡単に治ります。従来はヘルニアが出てくる部分の両側の筋膜を縫って寄せる手術が行われていましたが、最近ではヘルニアの出口をメッシュ(人工の膜)でふさぐ手術が行われています。

ダイレクトクーゲル法はポリプロピレン製のメッシュで弱った部分を補強し、腸などが出てくるのを防ぐ手術法です。

創の大きさは4〜5cmで、体の組織に過度の緊張もかからないため、術後の痛みや突っ張り感が少なくなっています。 また従来の手術法に比べて再発も少なくなっています。

入院期間は?

ダイレクトクーゲル法の最大の利点は、術後の痛みが少ないことです。このため入院期間は従来の手術法に比べると短期間で、日帰り手術も可能です。仕事を休む期間も少なくてすみます。

日常生活に復帰するにはどの位必要?

一概には言えませんが、日常生活(散歩、軽い運動、庭いじり)や机に座ってする事務などは患者さんの判断で再開します。個人差はありますが、通常術後数日が目安になります。術後3週間を過ぎれば、ゴルフなどそれ程激しくない運動であれば、再開することが出来ます。

当院での手術は?

当院のソケイヘルニア手術は、麻酔で気持ちよく眠っている間に痛みもなく終了します。術後は約2〜3時間で歩いたり、食事をすることも可能になります。

当院では術後の痛みも少ないソケイヘルニアの手術を、日帰り手術またはご希望により1、2泊までの短期滞在手術にて行なっています。

外来受診していただく場合は、あらかじめ電話で診察の予約をお願いいたします。診察後、ご相談の上手術日等を決めさせていただきます。

また、ソケイヘルニアや手術などについてわからない事、聞いてみたい事がありましたら、下記メールアドレスにて何でもお気軽にご質問下さい。担当医がわかりやすくお答えします。

当院の鼠径ヘルニア年別手術症例数
連絡先:岡山第一病院 TEL : 086-272-4088 (鼠径ヘルニア専用アドレス) メール
ページ先頭へ